February 28, 2019

毎年お正月明けから夏休み前ごろまでの間は、

4月から海外出張がある部署に人事異動があるまたは移動になった方や、6月や7月に会社の社内研修や社員旅行が予定されている、または新婚旅行の為などで米国への渡航が必要な方などからのご依頼が多くなる時期です。

当事務所は大きな事務所ではないため、一か月に受任できる数にも限りがあります。お一人お一人のケースに応じてそれぞれに丁寧に対応させていただきたいために、お急ぎの場合などには、対応できない場合もあります。何卒ご了承ください。

さて、当事務所は過去に逮捕歴/前科、オーバステイ歴、入国拒否歴などがある方...

October 9, 2018

過去に有罪判決を受けた方がアメリカに渡航する際には、ビザ申請が必要です。

米国移民国籍法では、過去に有罪判決を受けた方は米国入国不適格者として定めていますが、一定の条件に該当する場合や過去の判例に則り、必要要件を証明することで領事の裁量により入国ができる場合があります。

その必要要件を上申書に記載するのですが、その内容はただ過去の犯罪に対する反省の意のみでなく、渡航目的のほか必ず盛り込まなければならならない内容がいくつかあります。

これまで、過去に「判決謄本だけ訳したものを面接に持参し不許可になった」多くの方からご相談を頂きました。

ご自身...

October 1, 2018

今年に入り、毎月ご相談又はお問い合わせが入るケースが表題のDS-5535についてです。

DS-5535は2017年6月より導入されたアメリカビザ申請者に求められる追加書類のことです。

求められる情報は、過去15年間の職歴や、過去15年間の渡航先、過去に使用したソーシャルメディアやメールアドレスなど多くの情報です。詳しくは過去のブログをご参照ください。

制度導入当初、追加書類を求められる方は、イスラム国やアルカイダなどテロ集団に支配されている国にこれまで渡航歴がある方などで、ビザ申請者全体の0.5%程度だと言われていました。

同時に、日本人に...

September 27, 2018

当事務所では、毎月多くのアメリカビザ申請サポートのご依頼を頂きます。

ビザの種類は、商用/観光B1B2ビザや学生/F1ビザが多いです。その中で最も多い申請が「過去に有罪判決を受けた方」の申請サポートです。