Glass Buildings

​オーバーステイ歴

​オーバーステイ・不法滞在とは

​米国で滞在を許可された期間を1日でも多く滞在することは不法滞在となります。日本人はビザ免除プログラムにより観光目的であればESTAを申請すれば、ビザを取得する必要がないうえ継続して90日間の滞在が許可されます。

ESTA入国時に許可滞在期間の90日間を3か月と勘違いし、1日、2日の不法滞在が生じてしまうことや留学ビザの期間を許可滞在期間と勘違いしてI-20の期間を大幅に超過して滞在してしまったなどのご相談はよくあります。

残念ながら米国で許可滞在期間を1日でも超過して滞在した場合、以降ESTAを利用して米国への渡航はできなくなるため米国への渡航には目的に応じたビザを取得しなければ入国できません。

過去の不法滞在歴を隠して米国への入国を試みた場合、入国拒否をうけ事態をより悪化させることになります。

不法滞在は米国移民国籍法INAへの違法行為となり罰則が科せられています。

〇180日以上1年未満の不法滞在がある場合、米国を出国した日から3年間は米国に入国できない

〇1年以上の不法滞在歴がある場合、米国を出国した日から10年間は米国に入国できない

上記のとおり一定期間以上の不法滞在歴がある場合、入国禁止期間が設定されます。入国禁止期間経過後にESTA渡航ができるようになるわけではなく、生涯渡航にはビザが必要になります。180日未満の不法滞在歴がある方も同様です。

一度移民国籍法を違反しているためビザ申請の際には、二度と移民国籍法を違反しないことを証明するための十分な書類が必要になります。ビザ申請は慎重にされてください。

​ビザ申請時の注意点

​不法に米国に入国した不法滞在者が不法就労を行い米国民の就労の機会を奪ううえに、地方経済に於いて医療費や教育費用などの社会福祉費用を圧迫させるなどの問題が絶えないなか、不法入国者へのより厳しい取り締まりや、学生ビザ取得者の不法滞在期間の算定期間の変更など不法滞在者への取り締まりは年々強化されています。

不法滞在の理由が、人身売買の被害者であった、18歳未満であった、虐待を受けていたなどの理由などの例外を除き、不法滞在の期間が180日以上の場合、3年又は10年の入国禁止期間が設定され、その期間中の入国を希望する場合には、I-601を申請する方法がありますが、すべてのビザには適用されないことや不法滞在時に適用された移民国籍法の条文によっては申請できません。

そのため、180日以上の不法滞在歴がある方は3年又は10年の入国禁止期間を経てから申請することをお勧めします。

過去に不法滞在歴がある方はビザ申請時に日本との繋がりをより厚く示す必要があります。

日本に家族がいることや正社員として働いていること、専門資格を以って働いており定収入を得ていること、日本に財産を保有していることなどを証明できる書類を十分にご準備ください。

DS-160入力時も過去の不法滞在の時期や理由を明確に説明することが必要です。DS-160入力の際に十分な説明ができない場合は、ビザを申請する理由もあわせて明確に説明できる英文レターを準備されたほうがいいでしょう。

不法滞在後のビザ申請が却下されると新たな傷をつくることになります。申請書類のご準備は万全にしてください。

​過去に不法滞在歴がありビザ申請の為どのような書類を準備したらいいかわからないなどのご相談を始め、I-94の記録間違いで米国側で不法滞在として記録されている場合のDHSへの問い合わせ(DHS TRIP)などのご相談がおありの方は当事務所にお気軽にご相談ください。

​行政書士佐藤智代法務事務所

福岡県北九州市門司区吉志5-13-3

●初回相談無料● 

Tel:080-5212-3846 

E-mail:chiyosato@sat.bbiq.jp

​Fax:093-981-3795

Copyright (C) 2015 SATO Chiyo Legal Office. All Rights Reserved.