top of page

ETAアプリのPersonal Information | オーストラリアビザ申請

以前の記事でお伝えした通り、現在、ETAの申請はETAアプリを通してのみ可能です。

画面の指示に従って必要情報を入力指定していけば難しくはないETA申請ですが、本日は、その中の個人情報「Personal information」のパートについてご説明します。


Personal information

Applicant's Personal Details(申請者の個人情報)


・Country of birth

→出生国


・Alias

「Is the applicant currently or has the applicant ever been known by any other name (e.g. alias)?

Has the applicant ever been known by any other name?」

→結婚による旧姓や別名がありますか?


・Applicant's home information

→現住所、電話番号情報


・Applicant's email address

→メールアドレス


・ETA type and location

→ETAの種類(商用または観光)、申請場所


・Declaration

→「ETAビザの有効期限が切れ、その他の有効なビザを所持していない場合、移民管理法に基づき、不法滞在者となり、国外退去となることを理解しています」という宣言同意


・Criminal convictions

Has the applicant ever had a criminal conviction?

→これまでいずれかの国で刑事犯罪で有罪を受けたことがありますか?


・Domestic violence

Has the applicant ever been charged or convicted of a family or domestice violence offence or any similar related offence?

→これまでに家庭内暴力やそれと同様の犯罪で起訴または有罪判決を受けたことがありますか?


Has the applicant ever been the subject of a domestic or family violence order, or any other order, of a tribunal or court or other similar authority, for the personal protection of another person?

→これまで家庭内暴力やその保護を目的として裁判所やそれに準ずる機関から命令・指示の対象となったことがありますか?


・Intended address

The applicant's contact details in Australia

→オーストラリアでの連絡先(滞在先ホテルやホームステイ先の住所)


以上は2022年10月時点での情報であり、今後変更される可能性があります。ETAアプリから申請を行う際の参考とされてください。









Comments


AdobeStock_330901380.jpeg

無料相談

以下のビザのご相談については、初回30分無料で承っております。

ご自身のケースにおけるビザ発給の可能性、申請時の必要資料等、お気軽にご相談ください。
ご相談は、お電話またはオンライン相談が可能です。(Zoom・Meet・Line対応可)

遠方にお住まいの方や海外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

【アメリカビザ】B1/B2(商用/観光)、C1/D(通過/クルー)、F1(学生)、M1(学生)、J1(交流訪問者)
【オーストラリアビザ】ETA、Visitor visa(subclass600)

bottom of page