top of page

DS-5535提出後のビザ許可までの期間/Part 2

更新日:2020年10月2日

今回もDS-5535についての記事です。


今年にはいり特に多くなっているDS-5535についてのご相談ですが、これまでのブログにも書いている通り、全員の方がいつビザが許可されるのかを知りたいとのことでお電話をしてこられます。DS-5535提出後ビザ許可の可否が分かるまでの期間は個別のケースに応じて異なるため、既にDS-5535を提出された後の段階で当事務所がお手伝いできることもなく、明確な審査期間についての回答も出来ないために大変心苦しいのですが、

今月初めにご相談があったお客様からお電話があり、

「全く情報が見つからなかった中で、大変参考になった。」「DS-5535を求められている他の方々のお役に立ててほしい」と大変ありがたいお言葉と共に経緯のご報告を頂きました。


ご了承を頂き掲載させていただきます。


7月3日:面接

7月8日:メールにてDS-5535の追加請求を受ける

7月8日:CEACがREFUSEDへ変更

7月11日:メールにてDS-5535を送付

7月16日:CEACがADMINISTRATIVE PROCESSINGに変更

7月19日:オンラインフォームにて問い合わせを行う

7月24日:上記問い合わせに対しての返答がないために、再度オンライン及び電話にて問い    合わせを行う。電話の回答は「いつになるかは不明」とのこと。

7月24日:CEACがUPDATEされる

7月25日:CEACがISSUEDとなる


面接日から約3週間、DS-5535提出後2週間でのビザ発給となりました。

お客様の益々のご活躍を祈念いたします。


この度は情報を頂きありがとうございました。

アメリカでの滞在がすばらしいものになりますように。


#アメリカビザ

#DS5535提出後のビザ審査期間















Comments


AdobeStock_330901380.jpeg

無料相談

以下のビザのご相談については、初回30分無料で承っております。

ご自身のケースにおけるビザ発給の可能性、申請時の必要資料等、お気軽にご相談ください。
ご相談は、お電話またはオンライン相談が可能です。(Zoom・Meet・Line対応可)

遠方にお住まいの方や海外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

【アメリカビザ】B1/B2(商用/観光)、C1/D(通過/クルー)、F1(学生)、M1(学生)、J1(交流訪問者)
【オーストラリアビザ】ETA、Visitor visa(subclass600)

bottom of page