top of page

F/M/Jビザ郵送申請2022年12月31日まで延長


昨年9月より始まったF,M, Jビザの郵送申請ですが、あらたに今年の2022年12月31日まで延長されることとなりました。(アメリカ大使館1月5日公開⇒https://jp.usembassy.gov/ja/fmj-interview-waiver-ja/)


郵送申請できる方の条件として、

〇 日本国籍である

〇 現在日本に滞在している

〇 前科、前歴がない

〇 F、Mまたは一部のJビザ(中高生、大学生、教授、研究者、短期滞在学者、専門家に限る)を申請  する

また今年から追加された条件として、

〇 ESTAで渡米歴があり、ESTA拒否歴がない または、 これまでビザ発行されたことがありビザ面接時に10指の指紋を採取されている


上記に該当する方は、郵送申請が可能です。

郵送による申請方法については⇒https://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visarenew.asp#howtoapply



通常、郵送申請の場合も面接でビザ申請をされた方と審査期間に大きな差はありません。郵送申請書類が到着後速やかに審査され、ビザ許可となった場合CEACは通常書類到着後2~4日以内にISSUEDになるようです。

CEACがISSUEDに変更後、プレミアム受領をお選びの方はビザ付きのパスポートがお手元に届くまで4~7日になります。


なお、郵送申請の場合も面接同様に審査はしっかり行われます。審査基準が甘くなる、緩くなるなどはありませんので、郵送申請の際もしっかりと必要書類を不備なくご提出ください。


提出書類についてご質問やご相談が必要な方は専門家にお尋ねください。


#アメリカビザ



Comments


AdobeStock_330901380.jpeg

無料相談

以下のビザのご相談については、初回30分無料で承っております。

ご自身のケースにおけるビザ発給の可能性、申請時の必要資料等、お気軽にご相談ください。
ご相談は、お電話またはオンライン相談が可能です。(Zoom・Meet・Line対応可)

遠方にお住まいの方や海外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

【アメリカビザ】B1/B2(商用/観光)、C1/D(通過/クルー)、F1(学生)、M1(学生)、J1(交流訪問者)
【オーストラリアビザ】ETA、Visitor visa(subclass600)

bottom of page