オーバーステイ歴/不法滞在歴有の方のアメリカビザ申請 

今回のブログはお客様の了解を得て掲載させていただいております。


2019年2月末に在大阪アメリカ総領事館にて面接を受けられたCさんは

過去に1年以上のアメリカでのオーバーステイの間不法就労歴があり、

その他2011年以降にスーダンへの渡航歴

その後日本に帰国されてから行ったBビザ申請の却下歴があるお客さまでした。


ご依頼を受けて書類を万全に揃え面接に臨んでいただきました。


面接時に、一通りの質問をされた後にパスポートは預かられたものの、提出された書類一式の他持参された写真を返却されました。

通常書類は預かられることが多いため、「領事からおそらく大丈夫よ」と面接時に言われたものの正直発給まで心配がありました。


また、面接終了後に大使館より領事が話をしたいとのご連絡を受け、最後の最後まで心配が尽きませんでしたが、そのお電話の際に領事より「ビザを発給します。金曜日までにパスポートが届きますよ」と言われ、そのお電話の翌日CEACがISSUEDに変わっていました。


その報告を受けてCさんにつられて一緒に号泣してしまった私です。本当に嬉しくお客様がこれまでずっと切望されてきた願いが叶うと思うと感激してしまいました。


面接時には、正直に誠実に領事の質問にお答えになられれば大丈夫ですよ。とお話ししたとおりCさんはすべての質問に誠実に正直にお答えになられました。後日のお電話の際も同様に。


領事にCさんのお人柄やこれまでの経緯、渡航理由などすべてご理解いただき心より嬉しく思います。


ビザ発給後

「この度は、本当にお世話になりました。

電話の向こうで 私と一緒に喜んで下さっているのが分かりました。嬉しかったです。

先生の助けが無ければ 今回のVISAはもらえなかったと思います。本当にありがとうございました。」とのお言葉を頂きました。


Cさんの米国渡航がすばらしいものになりますように。




行政書士佐藤智代法務事務所では、過去に米国でオーバーステイ歴がある方のビザ申請のサポートを行っています。


アメリカへの渡航をあきらめる前に当事務所へお気軽にご相談ください。

初回相談無料

電話相談:08052123846

E-mail:chiyosato@sat.bbiq.jp

#アメリカビザ

#オーバーステイ








331回の閲覧

​行政書士佐藤智代法務事務所

●初回相談無料● 

Tel:080-5212-3846 

E-mail:chiyosato@sat.bbiq.jp

​Fax:093-981-3795

Copyright (C) 2015 SATO Chiyo Legal Office. All Rights Reserved.