top of page

オーストラリアビザの種類 | オーストラリアビザ申請

日本人の海外への出国者数は、コロナ前は毎月およそ150万人~200万人であったものが、コロナ後はおよそ1%まで激減しました。しかし、2022年に入って徐々にその数は回復傾向にあります。2021年7月いおいて、日本人の海外の出国者数は、約43,000人であったのに対し、今年の7月は約28万人とおよそ6倍。今後も海外への出国者数は増えていくと思われます。同様にオーストラリアへの渡航者数も増加していくでしょう。


日本国籍の方であれば、観光や出張目的で一定の要件を満たしていれば、ETA( Subclass601 )で渡航することができますが、それ以外の場合は、目的に応じたビザの取得が必要となります。

オーストラリア内務省のHP内にビザのリストが掲載されており、大きく以下のカテゴリ(クラス)に分かれています。各クラスの下にはSubclassがあり、Subclassの下にはさらにStream(種類)がぶら下がる構成になっています。そして、各Streamにはそれぞれの要件や可能滞在日数が設けられています。例えば、ETAを用いずに観光目的で渡航する場合は、Visitor visas → Visitor visa(subclass600) → Tourist stream(apply outside Austraria)を申請することとなります。


○ビザのカテゴリ(クラス)

Visitor visas(訪問ビザ)

Studying and training visas(留学ビザ)

Family and partner visas(家族ビザ)

Working and skilled visas(就労ビザ)

Refugee and humanitarian visas(難民ビザ)

Other visas(その他)


各クラスの下のsubclassやstreamについての概要はこちらで改めてご説明していきます。

また、現在、弊所においてサポートしているのは、Visitor visa(subclass600)のみですが、今後、これ以外のビザもサポートさせていただく予定です。

その際はこちらで告知いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。






Comments


AdobeStock_330901380.jpeg

無料相談

以下のビザのご相談については、初回30分無料で承っております。

ご自身のケースにおけるビザ発給の可能性、申請時の必要資料等、お気軽にご相談ください。
ご相談は、お電話またはオンライン相談が可能です。(Zoom・Meet・Line対応可)

遠方にお住まいの方や海外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

【アメリカビザ】B1/B2(商用/観光)、C1/D(通過/クルー)、F1(学生)、M1(学生)、J1(交流訪問者)
【オーストラリアビザ】ETA、Visitor visa(subclass600)

bottom of page