top of page

アメリカ大使館のビザサービスについて

日本はコロナ第三波の中の真っただ中です。

感染者数がこれ以上増えることなく重症者の方が一日も早く回復されることを祈るばかりです。

このブログをご覧いただいてる皆さんもどうぞ引き続き安全に健康にお過ごしください。


さて、アメリカ大使館/領事館のビザサービスについての記載が若干変更されました。

以下アメリカ大使館HPより↓


【重要なお知らせ】

東京米国大使館は、Bビザを除く全ての非移民ビザサービスとIR1、IR2、CR1、CR2、婚約者(K)ビザを含む特定の移民ビザサービスを再開しました。

大阪米国総領事館は、全ての非移民ビザサービスを再開しました。

福岡米国領事館、札幌米国総領事館は、Bビザを除く全ての非移民ビザサービスを再開しました。

沖縄米国総領事館は、DV、IR1、IR2、CR1、CR2を含む一部の移民ビザサービスを再開しました。

米国大使館と各領事館では、可能な限り迅速にケースを処理するため最善を尽くしますが、通常より待ち時間が長くなることが予想されます。緊急の理由ですぐに渡米する必要がある方は、www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-main-contactus.aspに記載されているガイダンスに従って、緊急面接予約リクエストを提出してください。


Bビザは依然優先順位が低いですが、大阪総領事館では面接予約が可能です。

しかし、一日の面接枠はかなり限られておりすぐ満席になるような状況が続いていますので、

予定が確定されている方は早めに面接予約をされることをお勧めします。



Comments


AdobeStock_330901380.jpeg

無料相談

以下のビザのご相談については、初回30分無料で承っております。

ご自身のケースにおけるビザ発給の可能性、申請時の必要資料等、お気軽にご相談ください。
ご相談は、お電話またはオンライン相談が可能です。(Zoom・Meet・Line対応可)

遠方にお住まいの方や海外にお住まいの方もお気軽にご相談ください。

【アメリカビザ】B1/B2(商用/観光)、C1/D(通過/クルー)、F1(学生)、M1(学生)、J1(交流訪問者)
【オーストラリアビザ】ETA、Visitor visa(subclass600)

bottom of page