top of page

テレビ朝日様の取材に応えさせていただきました。

日本人女性の入国拒否について

近年増加している日本人女性の米国入国拒否について、テレビ朝日様の取材に応えさせていただきました。


ブログ等でもお伝えさせていただいてきましたが、売春を疑われて入国を拒否されたというご相談がここ数年で急増しております。

現代の様々な社会的背景が要因となっていると考えられますが、今回のような記事が注意喚起につながり、同様のご相談をされる女性が一人でも少なくなることを祈るばかりです。


このようなトピックを取り上げてくださったテレビ朝日様に改めて感謝申し上げます。


記事の内容については、下記のリンクからご覧になれます。


「犯罪者扱い」ハワイで日本人女性“入国拒否” 売春疑われる?若い女性から相談急増
news.tv-asahi.co.jp
「犯罪者扱い」ハワイで日本人女性“入国拒否” 売春疑われる?若い女性から相談急増
 観光目的でハワイを訪れた若い日本人女性が入国を拒否され、強制帰国させられるケースが急増しています。その背景には何があるのでしょうか。 ■別室で長時間の取り調べ「犯罪者みたいな扱いを…」  インフルエンサー 大阪市の女性(32):「絶対に入国できるって思っていたので、すべて嘘をつかずに話したんですけど。向こうは全部嘘ついてるっていうふうに疑いの目ですごく見てきたので。もう悔しいのと悲しいの、どん底に急に落とされた気持ちでつらかったです」  こう訴えるのは、大阪市に住むインフルエンサーの女性です。  今月1日から3泊5日で、ハワイ旅行を楽しむ予定でした。しかし、ハワイに到着した際の入国審査で、まさかの事態に遭遇します。  審査官:「宿泊先は?」  女性:「ホテルです」  審査官:「なぜ一人で来たのですか?」  女性:「ハワイで友達と待ち合わせています」  審査官:「あなたは怪しい。別の部屋で調べる」  入国審査官からそう告げられ、女性が連れて行かれたのは、空港内にある一室。待っていたのは、現地の警察官でした。  警察官:「職業は?」  女性:「インフルエンサーです」  警察官:「ホテルはなぜ自分で取らなかった?」  女性:「友達が取ってくれました」  警察官:「なぜ荷物にこんな服が多いの?仕事をするのでは?」  女性:「着替えて、何枚も写真を撮るからです。仕事はしません」  大阪市の女性:「指紋、唾液、写真を撮られて、犯罪者みたいな扱いされてしまって。『観光で来た』と何回も言ってるのに、『仕事で来たんだろ』と捉えられてしまって。もう怖くて、もうどうしたらいいか分からずっていう感じですね」  結局、女性は入国を拒否され、翌日の飛行機で日本にとんぼ返りすることになりました。往復の航空チケット代20万円が無駄となりました。 ■売春を疑われる? 若い女性から相談急増  過去2回ハワイに遊びに行った際には何事もなく入国できたという女性。なぜ、今回は拒否されてしまったのでしょうか。  アメリカのビザに詳しい 佐藤智代行政書士:「アメリカに出稼ぎに行かれる、売春を目的として行かれる女性が圧倒的に増えてきてます。それはアメリカ移民局も目をつけていて、『パパ活』とか『エスコート』とかですね、そういうワードに対して警戒してます。ハワイだけではなくてロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨークで売春を疑われて入国拒否を受けたという相談は非常に多いですね。(相談が)月に8件とかあった時があって異常事態だなって」  コロナ禍明けに、高い報酬を目当てに、売春目的で海外に行くアジア人女性が急増。その影響で、入国拒否された若い女性からの相談が絶えないといいます。実際、SNSには、高額報酬をうたった売春とみられる仕事の募集もありました。  海外のアルバイト案件 関係者提供:「キャバ嬢さん、モデルさん、容姿端麗の方、特に稼げます!報酬目安は4週間で400万円から、宿泊はプール付きの別荘です」 ■入国拒否されると影響は長期間に「10年間は入れない」  入国拒否された女性も、現地警察から売春を疑われているように感じたといいます。  大阪市の女性:「あなたがハワイに入れなくて日本に帰ったら、怒ってくる人がいるのではと質問されたので。もう完全に売春目的としか思われてなかったので。全くそんなつもりない、知らない。そんなふうに思われるのはすごくショックです」  専門家は、インフルエンサーなどの場所を選ばずにできる職業も、入国を拒否される可能性があると指摘します。  佐藤行政書士:「職業も曖昧(あいまい)というか、どこに行ってもできますよね。アメリカでも拠点を移して、滞在しながら収入を得ていくこともできるでしょうし」 ■若い女性を中心に増加中の入国拒否 注意点は?  一度、入国拒否となれば、その影響は長期間にわたって続くといいます。  佐藤行政書士:「アメリカの移民国籍法は、犯罪歴や明確に売春に関わった方は(アメリカに)入ってはならないとしてます。適用されたら、10年間はもう入れないですね」  特に若い女性に増えているというハワイの入国拒否。どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?  専門家によると、滞在するホテルや、帰りの飛行機のチケット、滞在中のスケジュールなどを説明できるように、事前に紙で用意しておくことが重要だといいます。  特にハワイのような観光地は、旅行で来た観光客がそのまま住み着いてしまう可能性があるため、「観光目的であり、帰国する準備があること」の証明が大切です。  また、入国の際の服装などにも注意が必要です。  高価なブランド物を身に着けていると、若いのになぜこのような高額なものを買うことができるのか。売春関係の仕事に関与しているのではないかと疑われやすくなってしまうといい、露出の多い洋服なども避けるべきだと指摘しています。  さらに最近では、売春関係者の名義のクレジットカードを使って、航空券やホテルを予約してもらったり、そういった関係者との写真をSNSなどで投稿したりすることも、入管当局にチェックされ、入国を拒否されることがあるということです。 (「グッド!モーニング」2023年9月12日放送分より)

bottom of page